本文へジャンプ

ホームCOLOの家のこだわりトップ  >  地震・豪雪に強い家

地震・豪雪に強い家

COLOの家は丈夫な乾燥無垢材を使い、伝統的な木造軸組み工法を基本としつつ、さらに地震に強く豪雪地帯の積雪にも 十分耐えられるよう工夫・改良を加えた工法を採用しています。

強さの秘密~耐震構造~

耐久性に優れた高品質な乾燥無垢材です

1.乾燥無垢材

COLOの家は、特許取得した木材乾燥技術を使い、すべての構造材に狂いや反り、割れなどが極めて少ない含水率15%以下の高品質な乾燥無垢材を使用しています。
その強度は2.5倍になり、耐久性能にも自信あり。

点ではなく面で支えるので地震や災害に強い

2.点ではなく面で支える「パネル工法」

従来の木造建築の柱と柱の間に高耐久パネル工法「夢パネル」を隙間なくはめ打込むことで、壁倍率を従来の工法よりも3.3倍にアップ。(国土交通大臣認定)
点ではなく面で支えるから地震に強く風にも揺れません。

地震の時も床揺れから家を守ります

3.従来工法2.5倍の剛床工法

床下には97㎜の大引を通常よりも2倍の45㎝間隔で施工。
この剛床工法は一般の在来工法よりも2.5倍の床剛性を実現します。(建材試験センター、中央試験センター測定)
地震の時も床揺れから家を守ります。

耐久性に優れた木造建築を実現します

4.日本の伝統建築を継承した「真壁工法」を使用

1300年以上の歴史がある日本の伝統建築を継承した「真壁工法」を使用しています。
柱はすべて4寸角(12cm)。贅沢に使用した天然木空間を可能にします。
柱は、家族の成長と共に、いい色合いに成長していくでしょう。

通期の良さが住宅の耐久性に大きく影響します

5.優れた通気工法

床下換気は一般工法の4倍の通気のよい工法を使用。風が多く通ることで床下に湿気がこもるのを防ぎ、木材を長持ちさせます。

壁体内は、壁体内から小屋裏を通り、棟換気へと抜けていく、通気工法を採用しています。
壁の内部に通気層を確保し、通気性を高めることで結露を防ぎ、湿気による躯体の劣化を防ぎます。
家の中を風が気持ちよく通り抜け、夏には自然のエアコンで快適にすごせます。

害虫・シロアリから家を守ります

6.天然ヒバ土台

家の全てを支える土台には、樹齢1000年の天然ヒバ材を使用。
しっかり目の詰まった強度のあるヒバ土台から 虫を寄せ付けないヒノキチオールを放出し、家を守ります。

震度6の地震に堪えた家

  • COLOの家はお客様の要望を取り入れた様々な設計をご提供しています。
  • お問い合わせ・資料請求
  • COLOの家の施工事例
  • 完成までの流れ

私たちがCOLOの家のササキ工業です

私たちササキ工業は、地元福井で建築だけでなく土木工事・造園工事なども手掛けており、基礎工事、エクステリアなどのバランスも考えて家づくりに励んでいます。
通学路・交通確保のための除雪をはじめ、洪水や土砂崩れなどの災害時の緊急対応も県・市・地区と連携しており、地域を守る使命に満ち、地元福井に愛着のあるメンバーばかりです。

  • 私たちのおもい
  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • 県内不動産情報
  • スタッフブログ

ページトップへ